婚活・・・


お見合いパーティーというものはご存知でしょうか?

私は若い頃、どうやって彼女を作ろうか必死に悩んでいた時期がありました。

まず最初に考えたのがナンパでした。

本屋で「ナンパ入門?」という感じの書籍を購入して熟読

本の中には多くの女性に声をかけろと記載されていたので、町に出てひたすら声をかけました。

自分 「あの~ 駅はどっちの方向でしょうか・・・」

女性に道を尋ねるのが精一杯(地理には詳しくなりました)

しかし大人しい性格でそれ以上喋るのが難しく会話が続きません

女性に声をかけてもガン無視されるか

女性 「何も喋らないね・・・」

と言われ女性は去っていきます。

普通の人間だったら10人にも声をかけたら心が折れますよ

無理だって、だって俺、大人しい人間だもの・・・

じゃ友達に紹介してもらうとしましたが

友達あんまり居ないんです

そんな時、派遣先の年上の女性と仲良くなり

女性を数人紹介してもらいました

しかし

自分 「ちょと合わない・・・ 好みじゃない・・・」

とワガママを言っていたらその紹介してくれた年上の女性がブチ切れました。

自分 「ゴメンナサイ・・・」

そんな時、会社の冴えないオジサンが今日は○○にデートしてきたと毎月違う女性と遊んでる様子を聞かされたんですよ

最初はスナックかキャバ自慢かなと思っていたのですが様子が違う感じがして昼食中にそれとなく聞いてみたところ

「お見合いパーティー」という存在をその時、始めて知りました。

初めてのお見合いパーティーに参加

後日、ネットで見かけたお見合いパーティーの会社(エクシオ)にTELして

初めてお見合いパーティーに参加したのが24歳の誕生日の次の日でした。

今でもその時の事は鮮明に覚えています

受付をすると名札?を渡され会場へ

大人しい性格ゆえ何度も逃げ出しそうになりつつもオドオドしながら席につきました。

最初のフリータイムで何を話していいのか・・・

良く考えたら自分は人見知りするので上手く喋れません

女性から「えっ何言ってるの?」と聞き返され、小さい声がさらに小さくなってしまい

気がつけば壁の花

話し相手は壁だった

時間が過ぎるのが遅く感じられ

自分 「いったい俺は何しにここに来たんだろ?」

とボロボロの状態になってしまいました。

当然カップルに成れるわけでもなくコンパの割勘要員と同じ

自分「5000円も払ってボッタくりじゃねーの」

と思ったのですが、負けず嫌いというか・一縷の望みを託したのか・バカなのか

このまま引き下がるのも癪にさわるのでなんとか一回くらいはカップルになってやろうと金が尽きるまで毎週参加してやりました。

初めて参加してから半年後、

まぐれでカップルになった女性と初めてデートするに至ったのですが

張り切りすぎたの・から回りしたのか・残念な事に着信拒否という形で振られてしまいまいした。

ガッカリしてもうお見合いパーティーなんか行くの辞めようと考えました


その頃、お見合いパーティーに通っていると数少ない友人に話した事がありました。

彼らは

友人A「モテないからな」

友人B「みっともない」

友人C「お見合いパーティー会社の鴨」

など辛辣な言葉を投げ掛けて来ました。

でも実際、何もしない彼らには女性との出会いは無く

このまま彼らと惰性で遊んでいても人生は変わらないのではいか?
自分 「俺は人生を作りたいんだ。たとえお見合いパーティー会社の鴨と言われても失った時間は取り戻せない」

そう考え直して一人のモテない男性が再度お見合いパーティーに通い続けました

月日は流れ・・・


2年もするとコツをつかんだのか、ごくたまーにカップルになり始めました。(下手な鉄砲もサブマシンガンなら当る)

そのかいあって結果、何人かの女性とも付き合ったりもしていました。

もうこうなると自信に自信を重ねたベストキッドのダニエルように自分の自尊心がどんどん高くなっていくのが解かりました。

ダメでも次のお見合いパーティーがあるさ・付き合えなくても次のお見合いパーティーがある

と彼女ができる・できないに限らず

お見合いパーティーが精神安定剤の変わりになっていたのかもしれません

今回はダメだったけど次のお見合いパーティーを予約してあるから大丈夫と

お見合いパーティーを予約できない期間(年末年始)は心が不安定になる事もありました。

おそらくお見合いパーティーに心を依存していたんでしょうね

自分 「もっと若い女性がいるのではないか?」

自分 「もっと美人の女性がいるのではないか?」

こうなるともう中毒ですね

上を見たらキリがないのに自分の身の程もしらず参加に参加を重ねてしまいました。

時は流れ、初めて参加してから10年・・・

34歳になった時このまま繰り返しても何も生まれない

自分 「年齢だけ重ねてカップルに成る確立も下がりつづけるのではないだろうか?」

なぜかふと初めて参加した頃の事を思い出し

初心に戻り、高くなりすぎた自尊心と自分の身の程を調整して自分が

今まで付き合ってきた女性の傾向を再認識して自分にあう女性を探しました。

意識を変えると行動も変わるのか自分の育った環境に近く

話が合う女性とカップルになりました(今の奥さんです)
そして34歳でカップルになった女性とその年のうちに結婚しました。

結婚して数年子供にも恵めぐまれ当時の事を俯瞰で見ることができる年齢に至りました。

24歳~34歳まで彼女がいた数人・数年間を除いた期間以外の土日は毎週お見合いパーティーに参加していました。

回数はおそらく500回~以上だと思います(80回までは記録していまいた)

稚拙な文章で読みづらい部分もあると思いますがもし参考にして頂ければ嬉しいです。

私の想い・・・

当初の予定では

「お見合いパーティーで素敵な出会いを演出しよう」

こんな感じでオシャレに女性にもアピールするサイトにしようかと思ったんですが

バカらしくなりました

お見合いパーティーは男性が高い参加費を払っているからこそ成立します

しかし何故か女性の方が優遇されていて男性は鴨・鴨ネギくらいしか思われて無い節があります。

可愛い女性・美人がいれば男はいくらでも来るんだろ?

業者「ホラ もっと貢げ 金持って来い」

そんな風に扱われている男性の力になりたい

お見合いパーティーをgoogle・yahooで検索するとキレイな女性が笑顔で応対しているサイトばかり

胡散臭いと思わない?

絶対騙されてるよ

現実はもっとドロドロしてるから

もっと本音で話そうよ、男性主体のサイトがあってもいいのではないか?


男性のためのお見合いパーティーのサイトを作るに至った

「私の想いです。」

女性に媚を売るつもりはありません

彼女が欲しい男性のためのお手伝いをさせてください

PVはおそらく半分以下になるのは覚悟の上です

本音で男性目線のスタンスで行くのでよろしくお願いします。

深海 実