お見合いパーティーに初めて参加してカップルになった人もいることでしょう
しかし何回参加してもカップルになれない・上手くいかない男性も大勢います
そんな人のためにどの時期にお見合いパーティーに参加すればよいのか考えてみました。

お見合いパーティーで女性が多いとモテるわけ

男女の出会いも経済学でよくみる需要と供給の関係が働いています。
男性が多い男子高ならブスでもモテモテに
女性が多い職場なら冴えない男性でも彼女ができます。

需要と供給の関係は市場原理とも言われこれは男女の間でも通用します

女性の多い職場で出会いが無くモンモンとしている女性看護師(妄想)
子供と父兄しか出会いの無い女性保育士(妄想)など世の中には女性だらけの環境はいくらでもあります
そんな男日照りの女性環境に身を置ければラッキーなんですがそうは世の中上手くいきません

お見合いパーティーで新規の女性が多い新年度

お見合いパーティーに参加して男性女性の人数・カップル数を計測したことがありますが
お見合いパーティーで女性が多い時期を調べると4月・11月が多い傾向があります
4月に女性が多いのは年度の変わり目により新しい出会いを期待して参加しているのだろうと考察できます
学校・職場でも新しい人材が入社してきて職場の雰囲気が一遍することも珍しくありません
3月~4月にかけて徐々に参加する女性の数が増えてきます
この時期の傾向として常連の女性よりも新規で参加する女性が多くなるので狙い目の時期ともいえるでしょう
初めて参加する女性は常連の女性と比べてスレていないことも多くカップルになる確率も高くなります
初めて参加する女性は男性が常連の男性だとしても判断がつきません
また4月に参加女性が多くなる理由としては5月にあるGWに向けて一緒に遊べる男性を探している事もあります
大型連休前に女性の参加人数が多くなる傾向は他の時期も同様で
GW前・お盆前・SW前・年末年始など
連休より少し前から男性を確保して一緒に遊べるように女性は無意識の内に段取りを組んでいる可能性があります

お見合いパーティーでクリスマス前の出会い


11月~女性が多くなるのは12月にあるクリスマスに向けて男性を確保しようとする傾向からのようです
クリスマスというイベント時期の圧力により女性の意識が変わり彼氏を作らなくてはならないという思考の方向に変わっていくようです
しかしいったいいつ頃からクリスマスは男女の繁殖の時期になったんですかね?

本来はキリストさんの誕生日でしょ 

また女性の同調圧力は強く女友達のなかで一人だけ彼氏が居ないと女友達内で居場所がなくなってしまいます
そのため手っ取り早く彼氏を作る手段としてお見合いパーティーに参加する女性の数が多くなります
ピンポイントな時期は11月中旬~12月上旬くらいの時期が女性の最盛期になります
12月24日に向けて11月中旬くらいから女性の行動は活性化します。
出会いから付き合う前段階まで1ヶ月程度かかるのを見越しているのか少し早めから準備をしているようです
クリスマスに女性が多いのなら12月24日に開催されているお見合いパーティーはさぞ女性が多いのだろうと思い
12月24日にお見合いパーティーに参加した事がありますが

12月24日にはほとんど女性がいません

参加しているのは、もはやレギュラー化した常連の女性のみです
女性は見栄とプライドの動物とも言われているので12月24日のお見合いパーティーに参加する事は

結衣

彼氏がいません 

と宣言しているのと同じからともいえます
これはクリスマス以外でも男女の出会いイベントでもあるバレンタインデーでも同様です
バレンタインデーはクリスマスほど強力な出会いイベントではありませんが
男女が一緒にいなければならないと女性が思い込むイベントの一つです
前段階で参加人数は変化しませんがピンポイントで2月14日に開催されたお見合いパーティーには
通常よりも女性の数が少ない事も多々あります。

4月・11月に女性の参加人数が多くなる理由としては

4月  出会いの時期+GW

11月  クリスマス+年末年始

など出会いの時期やイベント後に大型連休が控えているからともいえます
釣れない水溜りで釣りをするよりも女性が多くなる時期を狙ってお見合いパーティーに参加してみませんか?

お見合いパーティーに男性が少ない時期

お見合いパーティーでライバルとなる男性が少なくなる時期を調べました。
男性も女性と同じく4月 11月の出会い時期・クリスマス前になると男性の数が増えます
女性の臭気でも嗅ぎ付けるのでしょうか?
男性の場合一年中発情しているのでお見合いパーティーに参加する時期に変動がないように見えますが
実はある点に注目すると男性の数が少なくなる事がわかります。

それはお見合いパーティーに参加する金がかかるという点です

お見合いパーティーは男性が女性よりも多くの料金を支払う事により運営が成りたっています。
女性 0円~500円なのに対して男性は5000円~ということも珍しくありません
男性も5000円あれば軽く居酒屋でも飲みにいけます。
しかし給料日前の財布の中が厳しい状態の時期になると男性も気軽にお見合いパーティーに参加することが難しくなります

男性

お金が無くちゃ参加できないよ


つまり男性は給料日前になると出費がかさむ、お見合いパーティーには参加しなずらくなります
会社員・公務員の給料日を調べてみると
20日 25日 末日 10日 などがあるようです
公務員などは20日に給料が支払われ
普通の会社員は25日 末日の給料日の支払いが多く 10日の給料日は若干少なめです

まとめ

女性の参加者が多い時期・男性の参加者の少ない時期に参加する事がカップルになる近道ともいえます
以上を踏まえると11月中旬~25日前 4月中旬~25日前のお見合いパーティーが女性が多く男性の数も少ないのではないでしょうか?
またお見合いパーティーの会社の規模によっても男女にバラつきがあります
一般的に大手のお見合いパーティー会社の方が広告費が高く人数制限が厳しいです。
参加費が高くなるのと男性の参加日の締め切りが早いのが欠点ですが
男女比の割合を気にする男性は大手のお見合いパーティー会社が主催しているパーティーに参加してみてください
あくまでお見合いパーティーに参加した人数を集計した結果なので地域性や環境により多少の変化はあります。

初心者でも安心できるお見合いパーティーの一覧です。
エクシオ
全国各地で開催されている 広告量・システムが確立されているので初めての方でも安心して参加できます。業界屈指の参加者数を誇り社会的認知度も高いので女性の数が安定しています。 

シャン・クレール
全国各地で開催されている オシャレな感覚を漂わせて首都圏に強い会社です。Webからのパーティー予約で¥500割引 初心者にオススメしたいお見合いパーティー会社です

PARTY☆PARTY
上場企業が運営しているパーティー会社 人数バランスの重視や本人確認の徹底しているので安心感が違いますまた様々なオリジナル企画もあり心躍るお見合いパーティーを体験できます