結婚に踏み切れない時に試したい5つのステップ

マリッジブルー

結婚の決断ができないあなたへ。

恐怖や不確実性、未熟さやパートナーへの不確信など、様々な理由から結婚に踏み出せないことは珍しくありません。

しかし、それぞれの感情に真摯に向き合い、コミュニケーションを深め、専門的な視点を得ることで、

自分らしい選択を行動に移し、幸せな未来をつかむための一歩を踏み出すことができます。

結論から言うと

  1. 自分の感情を理解する
  2. パートナーと話し合う
  3. カウンセリングを受ける
  4. 結婚という選択を再評価する
  5. 行動する

です。詳しく見てみましょう

結婚に踏み切れない時に試したい5つのステップ

 

1. 自分の感情を理解する

まずは自分がなぜ結婚に踏み切れないのか、その理由を深く理解することから始めましょう。

恐れや不安があるのか、それともまだ準備ができていないのか、はたまたパートナーに対する感情に自信がないのかなど

2. パートナーと話し合う

次に、これらの感情や考えをパートナーと共有することが重要です。

一緒に将来のビジョンを語り、お互いの期待や不安を明らかにすることで理解し合うことができます。

3. カウンセリングを受ける

必要であれば、カウンセリングを受けるのも一つの選択肢です。

専門家はあなたが抱える問題に対して新たな視点を提供し、解決策を見つける手助けをしてくれます。

4. 結婚という選択を再評価する

結婚は人生の一つの選択であり、全ての人がそれを選ばなければならないわけではありません。

結婚以外にもパートナーシップを維持し続ける方法はあります。

5. 行動する

最終的には、自分自身で決断を下すことが必要です。

結婚するのか、それとも現状を維持するのか、あるいは別の道を選ぶのか、あなた自身が心地良く感じられる選択をしましょう。

結婚に踏み出せくて辛い体験談

今年で交際9年目になります。

今まで遠距離になったりなど色々ありましたが、気持ちが離れてしまうことはなくて、円満に過ごしてきました。

たくさん思い出を作ってきたからこそ、このまま結婚できるのではないかと思っています。

私が大学を卒業した4年前から、親には言わずに同棲を始めました。その頃からは、しばらく一緒に生活してみたら結婚も視野に入れて、結婚生活を意識しながら生活をしています。

同棲生活は特に違和感なく、不満もなく暮らすことが出来ており、安心しているところでした。

去年、誕生日がお互い近くてお互いが25歳になった時に、私の両親に結婚を前提の挨拶をしました。

でも、お返事は保留されてしまい1年が経過しています。相手の両親からは前向きな回答を得られています。

結婚を踏みとどまる理由としては、私が男の兄弟のいない長女で、後を継がなければいけないこと、相手長男で家を継がなきゃいけないこと、住居をどちらの実家に寄せるべきなのかなどがあります。

でも、せっかく9年間もお付き合いを続けてこられたからこそ、私は結婚したいと思っています。

多分それは相手も同じです。周りの友達は結婚していき、私たちはこのままどんどん歳を重ねていくのを考えると、焦りに変わります。

とても悩ましいところなのですが、家庭事情が1番の問題となっているため、なかなか踏み出せずにもどかしいです。

どちらかは折れないと行けない時があるのは分かっているのですが、どうすることが両家にとってより良い結婚の形なのかを模索中です。

結婚の挨拶から1年が経過して、お互いこの話をすることに少し疲れてしまって、あまり話さなくなってきました。

時間は有限なので、また親との話し合いの時間を作ってどうするのか決めていかないと行けないと思っています。

みんなからアドバイスされる、親との話し合いを重ねて時間がかかっても納得してもらう、諦めて違う結婚の形を考える、お別れするがありますが、どれを選んだら今後の幸せに繋がるのかわからなくなってきました。

こうしている間にもどんどん周りの友達は結婚を決めていきます。

自分が思い描いていた人生のビジョンと大きくかけはなれつつあり、焦ります。

女性  25歳  看護師

結婚に踏み切れない悩みをした経験者からのアドバイス

 

あなたが結婚に踏み切れない理由を深く理解することから始めましょう。

それは、未来への不確実性や恐怖、または自分自身やパートナーへの不確信から来ているのかもしれません。

自分の感情に正直であり、自分自身を厳しく責めることはありません。

次に、あなたの考えや感情をパートナーと共有してみてください。

開かれたコミュニケーションを通じて、一緒に未来のビジョンを語り合うことができます。

あなたの期待や不安を明らかにすることで、お互いが望む関係性について理解し合うことができるでしょう。

また、自分一人で抱え込むのではなく、カウンセリングを受けることも検討してみてください。

専門家は、あなたが直面している問題について新たな視点を提供し、あなたが求めている解決策を見つけるための手助けをしてくれるはずです。

そして、結婚という選択自体を再評価してみましょう。

結婚は一つの選択であり、全ての人がそれを選ばなければならないわけではありません。

結婚以外にもパートナーシップを維持し続ける方法はあります。

最後に、自分自身のための選択を行動に移す時が来ます。あなたが心地良く、自分らしく感じられる選択をすることが大切です。

そのためには、自分自身の感情と価値観に対して誠実であることが必要です。

あなたが幸せになるための選択を、心から応援しています。

結婚に踏み出せない理由

結婚に踏み出せない理由は人それぞれで、個々の状況や価値観に大きく依存します。

一部の一般的な理由は以下の通りです

1. 未来に対する不確実性

人生の大きな変化には不確実性が伴います。

自身のキャリア、金銭的な安定、またはパートナーとの関係の未来等、確定的な答えが見えないと結婚に躊躇する人は多いです。

2. 恐怖や不安

結婚は大きなコミットメントであり、その重大さが恐怖や不安を引き起こすことがあります。

失敗への恐れや離婚への不安も結婚への道を阻む可能性があります。

3. 準備ができていない

自分自身がまだ成熟していないと感じる場合、または人生の他の側面(キャリアの確立、自己開発、個人的な目標の追求など)に焦点を当てたい場合、結婚への決断は後回しにされがちです。

4. パートナーに対する不確信

長期的な関係を維持するための十分な信頼や愛情がパートナーに対して感じられない場合、結婚は困難になる可能性があります。

これらは一部の理由に過ぎません。個々の人が結婚に踏み出せない具体的な理由は、その人の生活環境、価値観、経験によって大きく変わります。

まとめ

まとめると

  1. 自分の感情を理解する
  2. パートナーと話し合う
  3. カウンセリングを受ける
  4. 結婚という選択を再評価する
  5. 行動する

です。
結婚に踏み出せない女性は、その原因を深く理解し、自身の感情に正直になることが重要です。

パートナーとのコミュニケーションを深め、期待や不安を共有しましょう。

必要ならばカウンセリングを受け、専門家の視点を得ることも有効です。

また、結婚という選択自体を再評価し、自分自身にとって本当に必要な形を見つけましょう。

最後に、自分自身の感情と価値観に誠実に、自分らしい選択を行動に移すことで、不安を解消し、幸せな未来へと進むことができます。